Reebok FLEXWEAVE™

8の字構造の“織り”に着目した最新アッパーテクノロジー「FLEXWEAVE™」をReebokが開発!

Akihiro Takeji
BOOKMARK
8の字構造の“織り”に着目した最新アッパーテクノロジー「FLEXWEAVE™」をReebokが開発!

2018年、FLEXWEAVE™採用モデルが登場。

リーボックが、8の字構造の“織り” に着目した、新たなアッパーテクノロジー「フレックスウィーブ™」を開発した。

これまで「インスタポンプフューリー」に代表される“The Pump テクノロジー”や「DMX RUN 10」に搭載された「ディエムエックス・ムービング・エア・テクノロジー」など、数多くのユニーク、かつ独自のテクノロジーを世に送り出してきたリーボック。

フレックスウィーブに使用されている8の字織りは、着物に良く使われる織り方で、通気性が高く、夏物の服でもよく使われる。通常の織り方よりも撚りにくく、使う繊維によって耐久性も高いことが特徴だ。

フレックスウィーブは、この昔からある織り技法に、現代における最新のプログラミング技術を導入。ニットに代表される1種の繊維・1本の糸から成る編みではなく、縦糸と横糸を組み合わせることにより、異なる特性を併せ持った多機能な一枚布を実現した。

8の字織り構造を採用し、そこに最新のプログラミング技術を導入することで、一枚布構造でありながら、シューズの部位によって自由自在に柔軟性、通気性、強度やサポート性を変えることに成功。柔軟性が必要とされる前足部には横糸に柔らかい繊維を用い、織り目の密度も大きくすることで足指を動かしやすく。その一方で、中足部やヒール部分にかけては横糸を丈夫な繊維に変え、織り目も高密度にすることで、サポート性や耐久性を高めている。

このアッパーテクノロジー「フレックスウィーブ」を採用したシューズは、2018年春夏シーズンより登場するという。さらにフレックスウィーブの可能性を探るため、リーボックは1849年創業のイギリス老舗テイラーブランド「ハンツマン&ソンズ(Huntsman & Sons)」とコラボレーションしたスーツを制作中。2018年2月に完成予定としている。

【問い合わせ】
リーボック アディダスグループお客様窓口
0570-033-033(電話受付平日9:30〜18:00)
http://reebok.jp/flexweave/


FOLLOW US

pickup JOURNALS