NIKE FOOTBALL, MON AMOUR

NIKEがヴァージル・アブローとキム・ジョーンズによる、フットボール コレクションを発表

Akihiro Takeji
BOOKMARK

フットボールに寄せる熱い思いをヴァージル・アブローとキム・ジョーンズが具現化!

メンズファッションの世界で最も旬なデザイナー、ヴァージル・アブローとキム・ジョーンズ。この2人が、ワールドカップ開催に合わせてそれぞれ独自の視点からフットボールへの思いを表現した2つのコレクションを発表した。

NIKE FOOTBALL, MON AMOUR

両者の持ち味をふんだんに生かした2ライン

ヴァージル・アブローは、高校時代にヒップホップを聴きながらサッカーの試合に向かった若い頃の思い出と、遊び心を持ちながらブランドのロゴをミックスする、という彼らしい表現表現で展開。大胆でありながら、ニュアンスを秘めた視覚的表現で溢れているアブローのコレクションは、彼の本能から生まれたものに仕上がっている。

今回のコレクションに関してヴァージル・アブローは「フットボールの表現方法や歴史の素晴らしいところは、フットボールらしさというものが美的にも存在することです。私は、ヨーロッパのチームのユニフォームにおいて、胸の部分に常にスポンサーのロゴがプリントされているという点にインスピレーションを受けました。また、今回のコレクションを作るにあたり、様々な文字の表現が使われている点も特筆したいと思いました」と述べている。

さらに、コレクションで使われている全ての数字は、ヴァージル・アブローが実際にプレーしていた時につけていた過去の背番号を使用。白と黒のチェッカーボード柄のジャージは、チェコのユニフォームを参考にしたのとことだ。また、ライオンがドットで遊んでいるかのようなチームのロゴは、普遍的である紋章に敬意を表しながら、ボールを蹴るのに最適な足の部位を表示するという、最も基本的な表現をドットパターンで組み合わせたものになっている。

NIKE FOOTBALL, MON AMOUR

その一方でNIKE X KIM JONES “FOOTBALL REIMAGINED”と名付けたキム・ジョーンズのコレクションは、ロンドンのキングスロードが栄えていた時代に思いを馳せながら、アバンギャルドな服作りにスポーツのテクノロジーを融合。

ヴァージル・アブローとは対照的に、キム・ジョーンズはフットボールを通じてファッションの理性的側面の探求を表現。ショーツやジャージ、試合前に着用するジャケットなどの伝統的なフットボールウェアを元に、素材の切り方を変えたデザインのほか、ナイキの「マーキュリアル」と「フットスケープ」や「ヴァンダル」、「エア マックス 97」などの人気シューズをラインナップする。

馴染み深さを感じさせるものから、ユニークなものまで両者の持ち味をふんだんに生かした本プロジェクト。NIKE X KIM JONES “FOOTBALL REIMAGINED”コレクションは、6月7日から。NIKE X OFF-WHITE “FOOTBALL, MON AMOUR”コレクションは、6月14日から発売予定となっている。

【問い合わせ】

NIKE カスタマーサービス
0120-6453-77
https://www.nike.com/jp/ja_jp/c/nikelab


FOLLOW US

pickup JOURNALS