NBA Playoff LeBron James wears Thom Browne

Thom Browneがスタイリング!レブロン・ジェームズ率いるC・キャバリアーズ、プレイオフにお揃いのスーツ姿で会場入り。

Akihiro Takeji
BOOKMARK
Thom Browneがスタイリング!レブロン・ジェームズ率いるC・キャバリアーズ、プレイオフにお揃いのスーツ姿で会場入り。

お揃いのスーツで一致団結。チームワークをアピール!

毎年4月に行われるNBAプレイオフ。2018年のキャブズ対ペイサーズの第3戦、そこにNBAのMVPスターであるレブロン・ジェームズ率いるクリーブランド・キャバリアーズが、「トム ブラウン」のメード・トゥ・メジャースーツに身を包みペイサーズのホーム、バンカーズ・ライフ・フィールドハウスに入る姿があった。

元々オシャレで知られ、ファッション・トレンドに大きな影響を与えることもあるNBAプレイヤー。近年のNBAでは、選手たちがスタイリッシュにキメて試合会場入りすることが多く、SNSを見ているといろいろな選手の私服スナップがアップされていることも少なくない。

今回注目を集めた、クリーブランド・キャバリアーズの選手たち。
彼らはランウェイともいうべき、試合会場にある通路をコーチであるティロン・ルーを含めたチームメンバー15名が、トム ブラウンのシグネチャーであるスーパー120sツイルスーツに白いオックスフォードシャツ、4-barカシミアカーディガン、チェスターフィールドオーバーコート、ブラックペブルグレインレザーブーツ、そして「Mr. Thom(ミスタートム)」バッグを身にまとっていた。それはさながら、フォーマルなスーツスタイルを自分らしくミックスし、より洗練された選手像を演出するかのよう。

NBA Playoff LeBron James wears Thom Browne

そのアイデアの発端は、ブラウンと現役屈指のオールスター選手であるドウェイン・ウェイドによるもの。2018年2月にウェイドがキャブズからマイアミ・ヒートにトレードされた後は、盟友のレブロン・ジェームズがこのプロジェクトを引き継いだという。 

その試みに対して、トム・ブラウンは「キャバリアーズとの新たな取り組みは、ユニフォームが生み出す自信とパワーを伝えることができた文化的なメッセージです。レブロンを始め、彼のチームメートはそれぞれ個性にあふれています。その個性が自信により強く、同じメッセージを発信することが出来るのです……。」と話している。

試合に向かう選手の気持ちを高揚させてくれるチームスーツ。そして、揃いのスーツを着ることは、チームの気持ちを一つに、“団結”をアピールすることにつながるのだろう。ハデな個人技がとりだたされガチなバスケットボールという競技の中で、チームワークの大切さや試合にかける選手全員の決意……今回の試合会場入りには、そんな願いが込められているに違いない。

NBA Playoff LeBron James wears Thom Browne

NBA Playoff LeBron James wears Thom Browne


FOLLOW US

pickup JOURNALS