BOOK

STEVIE WONDER

BOOKMARK

70年代黄金期のスティービー・ワンダーの詩集

「私は誰に影響を受けているのだろう?と考えたときに、大好きなシンガーはたくさんいるけれど、シンガーにはあまり影響されていないことに気がつきました。どちらかというとサウンド志向。リズムやソロフレーズ、バンドアンサンブルばかり聴いてきました。その中でも、ふと出てくる私のフェイクやリズミックに歌うフレーズは、スティービーに近いと最近感じます。(…なんて恐れ多いことを言っているのだろう、私は。しかも、聴いている方はわからないと思う。) この詩集は、70年代黄金期の詞を中心に構成され、訳詞が景山民夫さん。洋楽の歌詞はとてもストレートですが、その中にも、たまにハッとする言葉があります。まるで、人生の深みを垣間見るような」

TAGS:
BACK TO CURATOR PAGE