DUST BOX

VIPP

BOOKMARK

空間に洗練をもたらす美しい日用品

世界を見渡せば、国によって様々な言語、宗教、芸術、文化の存在が見て取れます。その集合体が各国の個性として多くの人々を惹きつける要素になっていますが、逆に両親が子に注ぐ愛情やスポーツがもたらす興奮や感動など、国境を飛び越え万国共通の要素も往々にしてあるもの。Vippの誕生の背景にも、そんな要素が見て取れます。Vippは、1939年にデンマークで誕生した老舗。創設者のホルガー・ニールセンが懸賞で当たった自転車を売り、その資金を元に金属旋盤機会を購入したのがきっかけです。アイテムを作るにあたり彼が心に留めていたもの、それは美への関心と欲求でした。彼は、デザインに興味を持つ人間は、人種や国を超え共通の美意識を持っているものと考えたのです。そして誕生したのがこちら。彼の妻が開業した美容院のため、ペダルを踏んでフタを開くダストボックスを製作したのが始まりで、使いやすさやスマートなルックスは瞬く間に来客する歯医者やクリニックの奥様の評判を呼びました。それから長い年月が経ちますが、こちらに使用してる素材や製法はほとんど変えず、今もなおデンマーク内にて製作されています。部品の製造、塗装、組み立てに至る全ての工程は職人の手作業によるもの。ひとつひとつが完成するまでに10人の職人の手がかかっているのだとか。無駄のないシンプルなフォルム、艶やかで曇りのないステンレススチールはアイテムの美しさをより引き立て、入口部分にラバーを装備してるため金属音のぶつかる音も気になりません。また、開く際の自然な動作、そして一定の角度からスローに閉じていく有益な機能は、見た目のスタイリッシュさだけでなく、機能との高次元な融合を見事に体現しているといえるでしょう。それは、誕生から半世紀以上経ってもなお世界中で愛されている大きな理由。その魅力は、これからも失われることはありません。ペダルビン〈4L〉¥40,500(+TAX)※6月より価格が変更になります。 [モーダ ソアム] TEL 06-6536-4680

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS