SEASONING

LA PETITE EPICERIE

BOOKMARK

無償の愛情が詰まったシーソニング

中華、フレンチ、イタリアンに米国のジャンクフードやアフリカの家庭料理と、今では様々な国の料理を気軽に楽しむことができる“食のるつぼ”、日本。ただ、それでもなお各々の心の片隅に相変わらず留めているものもあるのではないでしょうか。そう、例えば時に調理の指針となり、時に親子の絆を再認識することができる“母親の味”。そのフィーリングは、LA PETITE EPICERIEの逸品から万国共通である事がよく分かります。こちらを手掛けるのは、フランス国内にて“フレンチリヴィエラの白いオアシスを生み出す妖精”と讃えられるデザイナーのジャクリーヌ・モラビト。ジュエリーを始め、空間、香水、雑誌など、ジャンルレスなデザインを手がけるクリエイターです。彼女はクリエイターであると同時に一人の母親でもありますが、その目線でプロデュースをしたのがこちら。普段から常にキッチンに立つ彼女が、“物が溢れる時代に、シンプルに、本物の価値を持つものだけを”とのコンセプトのもと展開しています。多彩なラインナップの中でも軸となるのはこの2つ。ホワイト缶のオリーブオイルは、手摘みされたイタリアリグーリア州の厳選されたタジャスカ種オリーブを使用しています。低温圧縮しただけの最高級オイルで、サラッとしたフルーティな味わいはまるでジュースのよう。クセもなく、すっきりとしているため和食にもマッチします。独特な透明感が印象的なバルサミコは、ほんのりとした甘さと酸味が絶妙。さっぱりとしているため、普段使用しているお酢の代わりとして存在感を発揮してくれることでしょう。親から子、子から孫へと母親の味が継承されていく中で、彼女の実体験に基づき作られた優しさいっぱいの調味料たちが、重要な役割を担っていくのではないでしょうか。エクストラヴァージンオリーブオイル¥2,100(+TAX)、白バルサミコ¥2,000(+TAX) [LA PETITE EPICERIE] TEL 03-5721-3738

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS