BAG

SWAINE ADENEY

BOOKMARK

あらゆる大人が憧れる昔ながらの鞄

ビジネスとなれば、やはり効率性や生産性など商業的観点でリアリズムに徹するのが定石。伝統の国、英国においてもそれは例外ではなく、18世紀後半の産業革命以降、そのスタンスは顕著に見られます。社会的発展性の面から見れば非常に有意義ではありますが、それでもアーツ&クラフツ運動に代表されるように、昔ながらの伝統は、職人たちの崇高な意思とたゆまぬ努力によってその地位を維持してきました。SWAINE ADENEYはその代表格といえる存在。1750年に乗馬の鞍専業メーカーとして誕生したSWAINE ADENEY。ケンブリッジ近郊にある自社工場は、手仕事で高級皮革のアイテムを作り続ける数少ないファクトリーです。その質の高さから、エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子と、三者からロイヤルワラントの称号を得た数少ない名門なのです。こちらのダレスバッグ、別名“ドクターズバッグ”からもその威厳は感じ取ってもらえるかと。ダレスバッグといえば、1951年頃に時の米国国務長官、ダレス氏が所持していたためにその名がついたとも言われる代物。同ブランドのそれは、素材から制作に至るまですべてがオール英国メイドです。バッグの特徴でもある広い間口からは中身が一望でき、マチが14㎝と広いため見た目以上に大容量。ご覧のように英国産の上質なブライドルレザーは気品たっぷりで、フラップに付くゴールドパーツの艶やかさも高級感を漂わせます。その威光は、250年以上経った今でも決して陰る事はありません。その品格こそが、英国の伝統的なモノ作りの素晴らしさを如実に表しているのです。ドクターズバック¥320,000(+TAX) [VULCANIZE London] TEL 03-5464-5255

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS