BELT

JABEZ CLIFF

BOOKMARK

英国の老舗馬具メーカーが示すクラフトマンの誇り

馬術は英国紳士の嗜みであり、貴族社会の象徴といえるもの。今でも、犬や猫に勝るとも劣らないほどに英国では親しみのある動物として知られています。それは、街中にあるパブの看板や建築のモチーフに採用されている様子を頻繁に目にすることからも容易に分かるでしょう。人通りの多い交差点でも、車と並びパトロールをする騎馬警察隊が歩いている姿は日常茶飯事なのです。英国文化の礎である馬と紳士を結び付け、古くから支えてきたのが英国の老舗馬具メーカーであるJABEZ CLIFF。同社の歴史は古く、1793年にまでさかのぼります。そして、200年もの長きにわたり、ファミリーたちは伝統と誇り、そして類まれなるクオリティを守り続けているのです。その真摯なモノ作りと多大な功績により、1990年にはエリザベス女王Ⅱ世よりロイヤルワラントの称号を授与されるまでに。また、馬術競技のイギリス代表チームが使用する馬具のオフィシャルサプライヤーであり、英国史上最もオリンピック馬術競技で活躍した英雄、ギューレングも愛用していました。その崇高な精神と技術は、このベルトからもきっと伝わることでしょう。馬具の鞍と鐙(あぶみ)をつなぐ屈強なパーツがベースとなった逸話からも分かるように、コシの強い上質で肉厚なレザーは頑強この上なく、気品を感じさせるほどに艶やか。使っていくほどに硬さがとれ、徐々に馴染んでいくため愛着も増す一生モノのアイテムといえるでしょう。この質実かつ優雅な様に、英国の熟練職人たちの技術と情熱、そして誇りが見て取れるのです。ベルト¥12,800(+TAX) [原宿Cassidy] TEL 03-3406-3090

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS