JEANS

3×1

BOOKMARK

日本産デニムで作る至高のN.Y.ジーンズ

これまでに、我々はアメリカンカルチャーへの憧れから様々なアイデアを吸収してきました。ヨーロッパの最先端コレクションに刺激を受け、下地が育まれてきたといっても過言ではありません。しかし、海外でも日本の文化がリスペクトを受け、新たなクリエーションの源になった事例も決して少なくないのです。3×1は、そのひとつの好例と言えるでしょう。こちらを手掛けるのはPaper Denim&Cloth、7 For All Mankind、Earnest Sawnといったプレミアムデニムブランドをプロデュースしてきた若き重鎮、スコット・モリソン氏。そして、彼が心酔したものこそ、日本産のデニム生地でした。その情熱と愛情から、愛犬に日本屈指のデニムメーカーである倉紡や日清紡の名をつけるほど。こちらで使用している生地もまた同様で、旧式の力織機で織られた希少な生地を使用しています。一般的なそれとは異なり、不均一に織られた生地ははき込んでいくほどに独特な色落ちやムラ感を演出。こだわりはステッチ部分にも見られ、職人が施すピッチの幅も狭い縫製は見事なもの。2本のステッチ部分は2つの針で平行に縫われるのが一般的ですが、緻密な縫製が可能なシングルニードルミシンを使い一列ずつ縫われているのです。しかも、シルエットがまた出色。ジーンズといえば、無骨な印象が先行しがちですが、こちらは美しくスタイリッシュなルックスが特に印象的です。ウエスト周りの程よいゆとりは心地よく、うっすらテーパードさせた絶妙なラインが脚のフォルムをより引き立ててくれます。日本の確かなモノ作りとN.Y.の研ぎ澄まされた完成が高次元で結実した一本。そのクオリティには一点の曇りもありません。デニム¥43,000(+TAX) [伊勢丹新宿店] TEL 03-3352-1111

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS