DENIM

Tapia Los Angeles

BOOKMARK

歴史へのオマージュから生まれる至高の一本

メンズカジュアルの歴史からインスピレーションを受け作られたアイテムは、これまでに数多く存在します。そのメカニズムは、今後も変わることはないでしょう。Tapia Los Angelesもまた、“現代に過去と未来の服を持ち込むこと”を念頭にアイテムは生み出しているブランド。特筆すべきはそのパターンで、ミリタリーやスポーツウェアのパターンと伝統のテーラリング技術を取り入れることで、美しくも現代的なフォルムを描き出しています。最たる例がこちらの“エル カミーノ リアル”とネーミングされたコレクション。“エル カミーノ リアル”とは、1598年から1882年まで、主に陸路で銀を輸送するために使用された、メキシコとカリフォルニアを結ぶ交易ルート。1978年に公開されたチーチ&チョン主演の映画、「Up in smoke」からインスパイアされたプロダクトで、ジーンズをワークウェアとしてではなく学生たちがキャンパスで穿くようなイメージで製作しています。こちらで使用されているデニム生地のほとんどは、多くのハイブランドなどでも採用されているコーンミルズ社のもの。堅牢性や色味、経年変化なども含め、そのクオリティは世界でもよく知られるところ。東海岸と西海岸の伝統と技術を存分に落とし込んだ逸品は、ジャケットスタイルにもしっかりハマる上品さも兼ね備えています。過去へのリスペクトにより生まれたこの一本が、未来を紡ぐ一本となるでしょう。そして、連綿と続くメンズカジュアルの歴史の1ページに深く刻まれていくのです。ジーンズ [MORERIDE] TEL 03-6450-2620

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS