SNEAKER

MOONSTAR

BOOKMARK

日本人のためのスニーカー

西洋人と日本人の足の形は全く異なるとはよく言われること。要因としては文化の違いが真っ先にあげられます。草履や草鞋で育った我々日本人は、ヒールの存在や甲全体を覆う履物に不慣れだったためかよく甲高幅広と言われます。となれば、欧米出身の靴を穿く際には相応の配慮が必要になってくるはず。それはリラックスしながら履けるスニーカーにも言えるでしょう。そこでジャパンメイドの一足、MOONSTARのスニーカーがことさら頼りになるのです。MOONSTARの前身であるつきぼしが久留米市に誕生したのは1873年。主に足袋を販売するところから始まります。以降、ラバーの発展と共に様々なアイテムを生み出してきました。1925年には一足のクリーンなスニーカーも製作しています。学童用、労働者用のゴム靴も同社を有名にしたアイテムといえるでしょう。そんな長きにわたる伝統と有益な経験はこの一足にもしっかり落とし込まれています。現在はボンドを使った接着が主流となっていますが、あえて、MOONSTARが得意とする手間ひまのかかるバルカナイズド製法によって製作。それにより、ソールがはがれにくく長持ちするのです。しなやかで柔らかく、丈夫で壊れにくいうえ、いつまでもその美しさをキープすることも可能。しかも、スニーカーでは珍しい6ヶ月の品質保証も、熟練の職人たちが紡いできた技術への自信と誇りが見受けられます。対応する工場が激減している中、同社は貴重な存在といえるでしょう。世界に誇れるジャパンメイドの粋を結集させた一足は、今後も我々の生活の中でその存在感を誇示していくはずです。スニーカー¥7,900 [ムーンスター カスタマーセンター] TEL 0800-800-1792

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS