SNEAKER

Reebok CLASSIC

BOOKMARK

90年代のスニーカーブームを支えた立役者

ミリタリーやワーク同様、スポーツもまたファッションにおいて欠かせない要素といえるでしょう。ポロ競技に端を発するボタンダウンシャツ、プロテニスプレーヤーが提案した名ポロシャツ、70年代のランブームから火がついたランニングシューズ。そして、90年代のハイテクスニーカーを中心とした一大ムーブメントはまだ記憶に新しいところでしょう。その中心にいたのは、紛れもなくこの一足でした。1994年、ヒール部内に設置したハニカム構造のクッション材、“HEXALITE”を搭載した高機能ランニングシューズとしてポンプヒューリーは誕生しました。シューレースを排除したフューチャリスティックなルックスは、これまでのランニングシューズの概念を振り払う強烈な衝撃をシーンに与えたのです。何より、靴内に空気を送り込むことで足のフィット感を高めるポンプチェンバーをアッパーに導入した“ザ ポンプ テクノロジー”は、国内のみならず世界中から注目を集めました。その熱は、誕生から20年以上経った今でも冷めることはありません。こちらは、カラフルなカラーパレットが印象的なオリジンとはあえて一線を画す、モノトーンを意識した無機質なワントーンカラー。バリスティックナイロンを採用した屈強なビジュアル&機能性もまたブームを経験した大人たちが履くにはうってつけのシックさを漂わせています。大人も青年も虜にするハイテクシューズの代表格は、これから先の20年もまた男たちを大いに楽しませてくれるに違いありません。

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS