DENIM JACKET

HYKE

BOOKMARK

歴史を重んじ、服作りの意味を知る

誰もが忘れられないアイテムというものはあるはず。それは往年の名作ジーンズかもしれませんし、当時は最先端を誇った機能的なアウターやスニーカーかもしれません。はたまた、好きなミュージシャンのバンドT、なんて人もいるでしょう。何より、多くのデザイナーがこれまでの服飾の歴史からインスピレーションを受け、アイテムを展開している事実を見過ごすわけにはいきません。決してトレースするのではなく、重んじながらも時代性を反映させ後世につなげる、その意志が非常に重要なのです。「Heritage & Evolution(服飾の歴史、遺産を自らの感性で独自に進化させる)」。こちらはHYKEのコンセプトですが、そんな彼らの作るアイテムやスタンスに共感する人々は少なくありません。そして、もっとも端的に彼らを表現しているのがこのデニムジャケットと言えるでしょう。メンズでもお馴染みで、古くから私たちの身近に存在していたアイテムですが、HYKEのそれには懐かしさよりむしろ洗練さを感じさせます。カジュアルなアイテムですがどこかクール。そのワケのひとつがシルエットでしょう。昔ながらのタイトめなボックスシルエットですが、女性らしい柔らかな曲線を見事に描き出してくれるのです。そこにモタツキや野暮ったさは一切なく、パーカの上から、もしくはトレンチコートのインナーと、ポジションを変えながらコーディネートに楽しさと味わいをもたらしてくれるのです。1930年代にGジャンが登場しかれこれ80年ほど経ちますが、バトンを受け取ったこのアイテムが歴史の一部となり後世に引き継いでいくに違いありません。デニムジャケット¥32,000 [ボウルズ] TEL 03-3780-1239

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS