NOTEBOOK

ツバメノート

BOOKMARK

親しみとこだわりが詰まった大学ノート

大学ノートが日本に登場したのは1884年(明治17年)と言われています。東京帝国大学(後の東京大学)の前にあった松屋とう文房具店が、輸入筆記用紙を綴じ合せて作ったものが最初だそう。表紙には細かい毛が混入した紙が使われ、中の紙はというと当時では珍しいフールスキャップ(洋紙の一種)。庶民にはあまりに高価なシロモノで、帝大生たちのような学と格式を備えた者でないと扱えない、とのことから大学ノートと名付けられたようです。その大学ノートを長年にわたり作り続けてきたのが昭和11年創業のツバメノート株式会社(前、渡邉初三郎商店)。国内生産の紙の必要性を感じた同社は、1947年、このツバメノートを誕生させます。以降、ベースとなるデザインは変わっていません。使用する紙は、筆記用紙としては最高級とされるツールス紙。ツバメノートでは、上質と呼ばれる紙よりもさらにひと工程を(特漉き)費やすことで、書きやすいうえに滲みにくいオリジナル紙を完成させたのです。罫線は、現在主流のオフセット印刷ではなく罫引きと呼ばれる手法で製作。水性インクのため万年筆などを用いた際に罫線上でインクがはじかれることもありません。しかも、酸化により保存性が低かった定番の酸性紙から中性紙へと変更。その保存期間はなんと1万年以上にも及ぶのだとか。今では、海外からも注目を浴び、世界の有名セレクトショップにも並んでいます。余談ですが、ツバメノートというネーミングは、取引先から非常に慕われていた燕さんという同社の営業マンがいたそうで、彼が持ってくるノートを「燕さんのノート」と親しみを込めて周囲が呼び始めたことから名付けられたとか。その由来からも、ツバメノートの親しみと温もりが伝わってくるのではないでしょうか。

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS