BAG

松野屋

BOOKMARK

帆布に見るジャパンメイドの底力

キャンバスは、綿や麻を使い平織りで織られた厚手の生地。現在ではバッグや洋服をはじめ、はては競走馬用のゼッケンや相撲のまわしなどにも使われています。もとは帆船の帆に使用されていた名残から、今でも変わらず“帆布”と呼ばれることも。油彩画に使われているキャンバスも、実はこの生地と同様です。その名産地は世界中に多々見られますが、ここ日本でも高いクオリティを常に維持しながら、真摯にモノ作りへはげんでいる場所があります。それが、滋賀県高島地区と並ぶ日本随一の帆布産地、岡山県倉敷市。高いクオリティは、松野屋のトートバッグを見れば一目瞭然でしょう。東京の熟練職人の手で作られるこちらは、生地特有の堅牢さやコシの強さでもよく知られるところ。懐の深さもあり、重い荷物をしっかりと受け止めてくれる実に頼もしい存在です。持ち前のハリ感は、洗練された佇まいを維持し、シンプルなデザインによりどんなスタイルともしっかりフィット。そのため、フィールドを問わず気軽に使用できます。お手入れは、驚くことにたわし。ガシガシ洗うことで、汚れを落とすだけでなく生地が程よく柔らかくなるためより使いやすくなるのです。しかも、中の荷物が飛び出さないよう内側に取り入れたナスカンや小分けポケットなど、細かな配慮にも心強さを感じるでしょう。きめ細かな作りと確かなクオリティ、そして素朴な表情と道具としての確かな優位性。そこには、世界からも信頼を得る日本のモノ作りの伝統が脈々と流れているのです。

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS