KNIFE

Bjørklund

BOOKMARK

大工道具から着想を得たキッチンツール

大工にとって道具は非常に重要。商売道具と言うよりも財産に近い、とさえ言われています。中には「下手な大工は道具と喧嘩する(A bad workman quarrels with his tools.)」なる諺もありますが、長い年月をかけ手に馴染ませてきた愛着のある道具は、時に自分の体と尊厳を守ってくれる重要な存在だったのです。ともすれば、Bjørklundのチーズスライサーも、あなたにとって大切な存在になるかもしれません。1927年に創業を開始したBjørklundは、世界で初、ノルウェーでは唯一となるチーズスライサーメーカーです。発端は、大工をしていた創業者のほんの些細な不満からでした。毎日昼時に愛妻がお弁当と共に持ってきてくれるチーズの塊を、ナイフで切り分けようとするのですがどうもうまくいきません。そこで、大工道具の鉋をヒントにオリジナルのチーズスライサーを完成させたのです。そして、チーズの種類に合わせて多くのチーズナイフやスライサーを生み出していきました。ノルウェーらしい素直で質実なデザインですが、。ステンレス製の刃を使用しているため、女性がすんなり扱えるほどの軽さと、柔らかなチーズもすんなり切れる切れ味を実現させました。使うほどに手へ馴染んでいく柄の部分は、建材によく使用されるビーチ材。その温もり溢れる見た目は、キッチンに優しい空気を運んでくれることでしょう。そして、まるで道具を愛でる大工のように、愛着を持ちながらこの先もずっと使い続けるに違いありません。チーズナイフ、スライサー、デザートチーズスライサー各¥1,800(+TAX) [LIVING MOTIF] TEL 03-3587-2784

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS