BOOTS

L.L.Bean

BOOKMARK

ふたつの素材が示した可能性

アメリカのアウトドアシーンでは、コットン60%、ナイロン40%の比率で織られた生地により、耐摩耗性や通気性に優れた優秀なマウンテンパーカが誕生しました。フランスでは、レザーのアッパーとゴムソールを組み合わせたことで、長時間の歩行でもストレスを感じさせな革靴が開発され世間に衝撃を与えました。異なる素材を組み合わせたことで、既成概念を覆す画期的なアイテムは、今なおファッションシーンで確固たる地位を築いているのです。御多分に漏れず、L.L.Beanのビーン・ブーツもその類に含まれるでしょう。創始者であるレオン・レオンウッド・ビーンは、自身がアウトドアマンだったこともあり、狩猟時の経験則からあるブーツを制作します。それが、作業用のゴム靴にレザートップを縫い付けたものでした。当初はまだ不完全でしたが、以降改良を重ね、瞬く間にアウトドアマンたちを虜にしたのです。1912年の誕生以降、ほぼ変わらぬ姿を維持しながら、今もなおアメリカのメイン州にある自社工場で、熟練職人たちの手により手作業で製作。ゴムに縫い付けられた素材は、雨や雪に無類の強さを発揮する高品質のフルグレインレザーです。土踏まずには、安定性、歩行性を高めるスチールの補強材を導入。ソール裏はというと、グリップ力を高めるチェーンパターンの溝があしらわれています。使用者からのフィードバックや多くの検証により導き出したラストは、圧力を感じさせず足を程よく包み込む最良のフィッティング。ベロ部分も一体化されているため水の浸入を防ぎ、耐久性も十分です。この頼もしさは100年以上前から普遍。そして、これからも我々のビーン・ブーツへの信頼は、決して揺らぐことはないでしょう。Bean Boot 8¥21,000(+TAX) [L.L.Bean カスタマーサービスセンター] TEL 0120-81-2200

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS