CHAIR

Ercol

BOOKMARK

時代に寄り添い成長してきた英国の老舗家具

テクノロジーの発達により、昔では思いもよらないアイテムが誕生しています。今では、浮き上がるスケートボードなど、映画や小説などで思い描かれてきたモノが実現するまでに。それもあってか、最先端こそ最良と見る向きも理解できますが、今があるのは過去の経験の積み重ねがあってこそ。ファッションシーンでは原点回帰が声高に叫ばれ、国内では伝統的技法や産業に再びスポットライトが当たっています。モノ作りを行ううえで、伝統と革新の折り合いがひとつの命題と言えるでしょう。Ercolの存在は、その命題に対する明確な回答かもしれません。こちらは、イタリアの家具デザイナー、ルシアン・アーコラーニの手により1920年に創業を開始した英国の老舗。今では英国家具といえばErcolと呼ばれるほどに有名で、世界的にも知られるファッションデザイナー、マーガレット・ハウエルも好んで愛用しているとか。北米や欧州の資源管理された森林地帯にある、オークやアッシュ、ニレといった堅牢な木材を素材に使用。水溶性の染料や塗料は環境に優しいものばかりです。そして生み出されたアイテムは、シンプルかつ美しさに溢れています。そのカギは、設立黎明期に生み出した蒸気の力だけで木を滑らかにラウンドさせる“曲げ”の技術。背もたれの曲げ木が、身体を優しく包み込み、抜群の座り心地を誘発するのです。しかも、過去の威光にすがってばかりではなく、現在では繊細な部分をハンドワークで仕上げながら、コンピュータ制御された近代的機器によってアイテムを製作。過去の伝統と技術をないがしろにせず、テクノロジーを取り入れる柔軟さも備えるErcolは、今後新たなモノ作りの指針となり、いつまでも我々の生活に寄り添っていくに違いありません。椅子¥34,000(+TAX) [THE PENNY WISE] TEL 03-3443-4311

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS