POT

釜浅商店

BOOKMARK

人を育てる道具

道具の大半は、時代性やニーズに歩調を合わせて進化を繰り返していくもの。その開発努力は、賞賛されるべきことですが、先人たちは、“道具によって人を育てる”という知恵を用いることで、双方の成長につなげてきました。調理器具もまた御多分に漏れず。長年培われてきた技術と経験を駆使した包丁や鍋たちを存分にいかすべく、使う人間がさらなる成長に心血を注いでいく。その有益で崇高な関係性は、今後に残していくべき大切な伝統といえるのではないでしょうか。釜浅商店は、その理念を伝え続ける希少な存在。明治41年の創業以降、“良い道具には良い理(ことわり)がある”を念頭に、長い時と共に研ぎ澄まされてきた普遍的なかたちを備えた“良理道具”を紹介してきました。そして、国内外を問わず質の高さを追求するプロの料理人たちが足繁く通うお店としても知られています。代表作といえばオリジナルの南部浅鍋で、使われている素材は南部鉄。御存知の方もいるかもしれませんが、岩手県盛岡や奥州で長年にわたり作られている南部鉄器と同様の素材です。重厚な感触、繊細なデザイン、使うほどに味わいや鉄本来の光沢が増す鋳肌。その高尚な伝統工芸の“粋”が、この逸品にも見て取れます。鉄の熱伝導は、やわらかく徐々に伝わっていく独特なもの。それによって均一に、しかも芯にまで火が通り、料理をもう一段階上へと押し上げてくれるのです。それもあり、料理の和洋を問わず用途の振り幅も十分で使い勝手は抜群。料理の美味しさだけでなく、調理の楽しさまで教えてくれる名品は、「もっと美味しいモノを」という向上心をかきたて、我々の成長を後押ししてくれるに違いありません。南部浅鍋¥6,910、本手打行平鍋¥8,670 [釜浅商店] TEL 03-3841-9355

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS