BOOTS

SOREL

BOOKMARK

世界中の人々がこの白クマに癒される

時に雪は、ガトーショコラにふり注がれる粉砂糖のように冬のロマンチックな情景を巧みに演出します。同時に、凍てつく寒さをもたらす実にやっかいな存在でもあります。となれば、質実な一足は靴箱に是非とも備えておきたいもの。夢見る少女から卒業したレディたちは、それをよく心得ています。では、どのシューズを選べばいいのでしょう。その答えは、半世紀も前からすでに示されてきました。ヒントはずばり、“白くま”。1962年、極寒の地カナダで産声をあげたSOREL。いち早く注目を集めたのは、やはり同地特有の気候に対応する高い機能性でした。レザーのアッパーにラバーのボトム、そして着脱可能なフェルトライニング。そのコンストラクションは、誕生当時はとても斬新で、履くほどにその魅力、底力に多くの人たちが感動を覚えたのです。中でもこのカリブーは、まさに“顔”ともいえる存在。水に強いヌバックレザーを素材に起用し、さらにバルカナイズド製法であしらったラバーシェルが甲周りを覆う完全防水仕様。暑さ9㎜を誇るフェルト地のライナーにはアルミフィルムが取り入れられ、保温も十分で、熟練職人たちの手で丹念に作られているのです。何より、堅牢で質実なブーツではありますが、履き口部分からのぞくフワモコ素材が見た目にもチャーミング。防寒を意識しながらも街のコーディネートにだって取り入れられるビジュアルは、誰もがキュンとするに違いありません。足を通した時の安心感、そしてチラリと見せる可愛いらしさ。これなら、大敵だった雪もきっと魅力的に見えるに違いありません。カリブー¥21,600 [コロンビアスポーツウェアジャパン] TEL 0120-193-821

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS