CLEANER

TOWN TALK POLISH

BOOKMARK

あの時の輝きを再び取り戻す

ヴィクトリア時代といえば、ヴィクトリア女王が英国を統治した1837年から1901年の時期。いわば、産業革命による経済発展が成熟を迎え、化学、工業、文化など、様々な分野が発展していった時代です。そこで、巨万の富を得た人々は、当時裕福、成功の象徴だった銀器を買い求めたのでした。しかし、その美しさや耐久性とは裏腹に、変色しやすいという欠点も。その銀器たちを救ったのがTOWNTALK。1890年代初頭に誕生したTOWNTALKの創業者、ぺクストン氏は、磨くための布を独自で開発。その後、今のシルバースパークルの原点ともいえる液体クリーナーを生み出し大きな話題を呼びました。それから100年以上の歴史を歩んできた同社は、様々なアップデイトを繰り返しながらヨーロッパ中の家庭を支えてきたのです。英国紳士がハットを飛ばしながら駆けている、何とも愛らしいイラストが印象的なこちらは、銅製品の輝きを再び取り戻すことのできるリキッドタイプのケア用品。微粒研磨剤入りのため頑固な汚れにも対応してくれます。ケア用品となると、時に結果第一主義の傾倒から使われている成分に対しておざなりになりがちですが、こちらは「地球環境への配慮と人への優しさ」がポリシー。それだけに、世界で最も自然環境保護に厳しいことで定評のあるドイツ環境庁U.B.Aの認可を受けるほどの実力を誇ります。家庭に一本は必ずあるといわれるほどにヨーロッパの暮らしには欠かせない品。彼らのおかげで再び輝きを取り戻した日用品により、私たちは魅力的な日々を再び手にすることができるのです。

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS