SNEAKER

BROOKS HERITAGE

BOOKMARK

見かけによらないスニーカー

“人は見かけによらぬもの”、と誰もが一度はたしなめられた経験があるのではないでしょうか。ほかにも、“馬には乗ってみよ人には添うてみよ”“あの声で蜥蜴(とかげ)食らうか時鳥(ほととぎす)”など、同様の意味をなす言葉が多々見受けられますが、それはいつの時代もいかに重要な教えかを表すひとつの指針といえるかもしれません。BROOKS HERITAGEのスニーカーもそんな一足。1914年、アメリカのペンシルバニアにて創業を開始したBROOKS。当初はベースボールシューズに力を入れていたようですが、やはり彼らの名声を確固たる地位へ押し上げたのはランニングシューズでしょう。その原点に立ち返り、過去の名シューズを復刻させたラインがBROOKS HERITAGE。特に、1982年に誕生した“チャリオット”は同メーカーの名作に数えられ、権威あるランニング専門誌 ランナーズワールドが“Best New Model”の名を捧げるなど、80年代のランニングブームをリードしました。着地時の衝撃をコントロールするダイアゴナル・ロールバー、クッショニング性能を高めるモールド成形された3層インソール、衝撃吸収に優れたソリッドラバーアウトソール、可視性を高める光反射素材など、見た目はいたってレトロですが(発表当時は最先端だったのかもしれませんが)、備える機能性はハイレベルで、シリアスランナーたちをも十分に満足させてきました。味わい深い見た目に反し、中身はいたってテクニカル。そのギャップが我々をいつまでも楽しませてくれるのです。スニーカー¥11,000(+TAX) [BROOCKS HERITAGEカスタマーサービス] TEL 0800-800-2380

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS