CHINO PANTS

YAECA

BOOKMARK

毎日でも着られる、着たくなる日常着

幼い頃、母親のメイク道具をこっそり手にしったことはありませんか。好きな男の子の好みのタイプを聞いて、少しでも近付けようと努力した経験も一度や二度はあるのではないでしょうか。これまでのちょっとした“背伸び”が、好奇心と向上心を盛り上げた要因であることに疑いの余地はないでしょう。それを考えれば、年齢を重ねていくことはすなわち、自分らしさを取り戻す作業なのかもしれません。過去の自分を彩ってきた洋服やコーディネートを見返してみて、やや気恥ずかしさを覚える人もいるかもしれませんが、それは大人の女性へと成長を遂げている証拠ではないでしょうか。そして、多くの経験を積んだ女性は、やがてYAECAのチノパンと出会うのです。2002年、デザイナーの服部哲弘氏、井出恭子氏によって設立されたYAECA。直訳すると“八重日”。このブランド名には、アイテムを毎日でも着てほしいという両デザイナーの強い思いが込められています。それは何もシンプルだからというだけではありません。生地へのこだわり、そしてコンフォートな着心地も大きな要因といえます。それを端的に感じられるのが、代表作のひとつであるチノパン。時代と共に数を減らしてきた旧織機ですが、こちらのチノパンに使われている生地は、1950年代のシャトル織機で織られたオリジナルです。丹念に紡がれたそれはタッチも良く、適度なハリ感を備えているため美しさが際立ちます。シルエットは足の形を意識した微テーパードで、気楽さを感じながらもきれいなラインを描くことができるのです。股下にマチを加えて動きやすさも意識。それはまるでリラックスしながら穿けるスラックスのよう。こちらを手にすれば、おそらく誰もが毎日でも足を通したくなるに違いありません。そして、自分らしさを表現する格好のアイテムとなることでしょう。チノパン各 ¥19,000(税別)

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS