CHILI OIL

フルヤジオーガニックス

BOOKMARK

未来へ遺したい価値ある調味料

オートメーション化による生産性や効率性の向上は、産業の発展やアイテムの進化には欠かせないのかもしれません。しかし、“遺したいモノ”という観点から見ていくと、そこには作り手の“熱”や“想い”が強く込められたものがひとつの指針になるかと。このフルヤジ オーガニックスのラー油は、その好例と言えるでしょう。フルヤジ オーガニックスは、高知市の中心部から車で約20分の郊外にある、朝倉という町で暮らす大宮さん一家の手により設立されました。彼らの活動には、経済活動の根本的原理を全くと言っていいほど感じさせません。そこにあるのは愛娘への愛情なのです。設立のきっかけは、アトピー性皮膚炎を患う長女のために、少しでも健やかな物を食べさせてあげたいという想いからでした。そのため、自分たちで育てる米や野菜、果物などに農薬や化学肥料を一切使用せず、自作のパンやお菓子にも卵や白砂糖を使っていません。その活動の延長線上に同社の設立があったのです。そんなフルヤジ オーガニックスのラインナップの中でも、特に人気を集めているのがこちらのラー油。一家で育てた生姜、ニンニク、ハーブを使った逸品で、炒め物などに使える万能調味料です。子供たちも楽しめるようラー油特有の辛味を抑えているため、そのままご飯やチーズトーストにかけても美味しくいただけるシロモノ。ほんのり香るハーブは料理に巧妙なアクセントを生み、味に奥行きをもたらします。健康的で思わずクセになる味わいを経験すれば、食卓の定番へと即仲間入りすること確実。そして、その味は何世代にもわたって引き継がれることでしょう。

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS