HAT

LOCK & CO. HATTERS

BOOKMARK

喜劇王も魅了した由緒正しき老舗の逸品

ボーラーハットは、アメリカではダービーハット、日本では山高帽として広く親しまれてきました。ルーツは1850年ごろのイギリスと言われ、乗馬時に木の枝から頭を守るため考案されたものです。そして、製作者であるウィリアム・ボーラー氏の名を冠したのです。当初は、まるでヘルメットのような形をしていたんだとか。トップハットに次ぐフォーマルな帽子との位置付けから、やがては労働者へ広まり、シルクハットよりも肩ひじ張らずソフト帽よりも気軽にかぶれるファッションアイテムへと昇華していったのです。その代表格として知られるのが、James Lockのこちら。これまでに知られているところでは、現存するブランドの中でも最古の帽子店として知られ、創業は1676年にまでさかのぼります。顧客リストにはネルソン提督、チャーチル元首相、ダイアナ元皇太子妃と、その名を見ただけでも同ブランドの信頼性が伝わるかと。こちらのボーラーハットは、あのチャップリンが愛用していたことでもよく知られています。上質な素材感、美しいフォルムなど、その上品な佇まいは、長きにわたる歴史とそこで培われてきた技術の賜物。被った際に醸す品格と優しげな表情は、百数十年経った今も薄れることはありません。あの喜劇王までも魅了した逸品は、今後も多くの人々を虜にしていくことでしょう。

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS