BOOKMARK

世界に誇る日本の技術を下町から発信する

技術や文化など、後世に語り継ぐべき日本ならではの伝統は多々ありますが、それを継承する若者の減少は昨今の悩みの種。そこで最近では、行政や教育の場において率先して働きかけていこうとする動きが顕著になってきました。しかし、表層的なものではなく、その根本的本質や技術の粋というものは、文字や言葉で表現できない“寡黙知”。そこで、“人のふり見てわがふり直せ”ということわざに示されているように、これまでは、名匠たちの一挙手一投足を目に焼き付け、弟子たちはやがて自分のものとしていったのです。小泉硝子製作所のアイテムは、そんな職人たちが精魂込めて作った唯一無二のコレクション。東京の下町にある同社は、台東区の三ノ輪にて昭和45年に創業を開始しました。以降、試験管やフラスコといった理化学医療用のガラス製品を、多くの病院や研究所へと送り届けてきたのです。一部の隙も許されないそれらの場所へ納品してきた事実からも、アイテムひとつひとつのクオリティの高さを想像することができるでしょう。その確固たるベースのもと生み出したのがこのネルドリッパー。熟練のガラス職人が、ひとつひとつ手吹き作業で仕上げたオールハンドメイドです。“ネル”とはフランネルの略。その起毛だった生地に包まれ抽出されるコーヒーは、程よい酸味や苦みを携えた濃厚な味わい。こちらを使うことで、豆の魅力を存分に引き出すことができるでしょう。たとえ初心者の方でも、付属するしおり通りに淹れれば、美味しいコーヒーをいただくことができるのです。一杯のコーヒーから一日をスタートする大人も、今では決して珍しくありません。そこで、気骨のある老舗やこだわりのコーヒーショップが採用するドリップコーヒーをいただく贅沢により、一日のスタートを気持ちよくきることができることでしょう。三ノ輪二丁目ネルドリッパー<2人用>¥7,560

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS