T-SHIRTS

POWELL PERALTA

BOOKMARK

スケートシーンを牽引したカリスマ

1970年代~80年代に掛け、アメリカではスケートが大きなムーブメントを作りました。その影響からスケートボードを始めた大人たちも決して少なくないでしょう。いまや伝説として語られることの多いスケートボーダー集団、Z-BOYS。その主要メンバーだったステイシー・ペラルタがスケボー界のネクストジェネレーターたちを集め結成したBONES BRIGADEは、スケートボードがメインストリームとして確固たる地位を築いた立役者と言えるでしょう。その中には、トミー・ゲレーロやスティーブ・キャバレロ、トニー・ホーク、ロドニー・ミューレンなど、未来のスーパースターたちも数多く所属。彼らの功績は大きく、ビートルズの元メンバーであるジョージ・ハリスンにもディナーへ招かれたほどでした。そして、ステイシー・ペラルタが、スケートボード製造者だったジョージ・パウエルとともに1978年に設立したブランドこそこのPOWELL PERALTAです。同ブランドの存在は、スケートボード市場の拡大を象徴するものでした。スカルのアイコンは彼らのシンボルとして広く世界に知られ、80年代のスケートシーンの興隆から、数多くの同業ブランドが設立されましたが、今もなおクオリティを保ちながらシーンの最前線で高い人気を得ています。その後、ステイシー・ペラルタは、BONES BRIGADEにスポットを当てた映像の製作に取り掛かります。中でも、世界の話題をさらったのは、伝説の人物“アニマルチン”を探してメンバーが旅に出るというストーリーの作品、「アニマルチン」。そのジャケットを飾った写真をTシャツへ落とし込んだ一枚も、同ブランドを代表するアイテムといえるでしょう。それから30年以上の時が経ちますが、ブランドのたどってきた足跡と残してきた功績は決して色褪せることはありません。それは、今なおスケートシーンに影響を与え続けるこれらのアイテムから、容易に想像がつくことでしょう。

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS