MAYONNAISE

BEST FOODS

BOOKMARK

毎日の生活にヘルシーなマヨネーズという選択肢を

普段のスーツスタイルに、チーフをひとつ添えるだけでグッと上品さが増します。部屋に花を加えるだけで、空間全体が華やかな印象を受けることでしょう。何気ないプラスαによって、魅力が増すことは往々にしてあります。それは、料理においても言えること。ひと皿に様々な可能性と楽しさをもたらしたのは何を隠そう調味料で、マヨネーズもまた誰もが愛してやまない調味料のひとつでしょう。しかし、成分が卵と油脂なだけに手を伸ばしづらい、という方も少なくありません。しかし、BEST FOODSのそれなら気兼ねなく日々の食卓に取り入れることができるはずです。1912年、N.Y.のデリカテッセンでブルーリボンを巻いたマヨネーズが発売されたのがそもそもの始まり。その後、1932年からBEST FOODSブランドとして、ロッキー山脈の東側を「ヘルマンリアルマヨネーズ」、西側を「ベストフーズリアルマヨネーズ」として本格販売を開始し、以降、アメリカの食卓の定番となりました。こちらのマヨネーズは、アメリカの食料医薬品局、F.D.Aの厳格な規格に基づいて製作されています。素材本来の味わいをいかし、熱に強く酸味の少ないそのデリケートな美味しさは、様々な料理や食材との相性も抜群。そんなBEST FOODのマヨネーズが長らく支持を得続ける要因はヘルシーさにあります。タンパク質や炭水化物は一般的に計量できないほどに微量。コレステロール値も、R.D.A.(U.S.Recommended Daily Allowances)で上限とするコレステロール量の3%にしかすぎません。この一本によって、私たちの食事はとても充実したものとなるでしょう。その頼もしさは、時代を問わず私たちに安心と充実を届けるのです。

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS