SHOES

US NAVY

BOOKMARK

大人心を永遠にくすぐるミリタリーシューズ

大人たちの多くは、アメリカという遠い異国の地に思いを馳せながら若かりし日を過ごしてきたことでしょう。洋服、本、食べ物、雑貨などなど。アメリカと名の付くものなら何でも飛びつき、憧れの地をそこに見てきたはずです。そのアイテムのひとつとしてあげられるのがミリタリーもの。当時、日本に駐在する米軍から流れてくるサープラス(放出品)は、アメリカを知る数少ない手がかりでした。そして、多くの若者たちをこの上なく夢中にさせたのです。中でも、US NAVYのサービスシューズは多くの共感を呼んだ代物。サービスシューズといえば、正装を義務付けられる様々な式典で海軍兵士たちに着用するよう支給されたもの。そのため、ミリタリーアイテムながらも容姿端麗で、グッドイヤーウェルト製法による堅牢さも光ります。厳選された素材、堅実な作りは、国家予算をさいて作り上げた実にアメリカらしい逸品といえるでしょう。誕生から時を経るごとにその様相は変化を見せ、それが大人たちのコレクター魂に火を点ける要因ともなりました。5アイレットだった50年代を経て、その後6アイレットへ。そのアイレット下に施されたダブルステッチも、60年代以降シングルステッチへと様変わりし、やがてはなくなっていきます。ヒールに加えられたT字の当てレザーも、50年代以前に作られたことを漂わす重要な意匠。これらをベースに、今ではファッション的アプローチのもと独自のサービスシューズを各ブランドが製作しています。ただ、やはりオールドファンにとっては、実際に兵士が着用していたヴィンテージこそ正統で、そこにこだわりを持っている方も決して少なくはありません。いまだ冷めやらぬサービスシューズへの熱。それは、普遍的な凛々しさを永遠にもつUS NAVYのサービスシューズ同様、これからも消えることはないのかもしれません。シューズ ¥24,000(+TAX) [Santa Monica] TEL 03-3462-1984

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS