SANDAL

JUTTA NEUMANN

BOOKMARK

サンダルにもたらされた品格

2006年に発表された坂東眞理子氏の著書、『女性の品格』は大きな話題を呼びました。人によって様々解釈はあるでしょうが、社会における女性の活躍が目覚ましい昨今だからこそ、誠実かつ謙虚に、そして力むことなく堂々と凛として生きる様を説いた同書にうなずかれる方も数多くいらっしゃったかと。JUTTA NEUMANNのサンダルにもまた、そのフィーリングに近いものを感じるかもしれません。サンダルながらソフィスティケイトされたデザインは実にエレガントで、足を包み込む心地よさには同作の懐の深さを感じずにはいられません。1994年にN.Y.にてスタートさせたブランドは、熟練職人たちのハンドワークにより製作され、そのアイテムは瞬く間に業界人の間で話題となりました。質実なモノ作りと美しいルックスから、ハイブランドのコレクションにも率先して使われ“サンダルのロールスロイス”と称されるまでに。中でも特筆すべき点はインソールでしょう。緩やかな曲線を描くアーチサポートは、穿くほどに革がしなっていくのに伴い沈み込んでいくことがありません。なので、まるでオーダーメイドのようなフィッティングを味わえるのです。そのソールは、人間工学に基づいたソール作りに定評のあるビルケンシュトックに別注をかけ仕上げたオリジナル。ゆえに、軽量でグリップ力も十分です。そんな、デザインと機能の両立を図ったサンダルの存在は頼もしく、今では誰もが敬意を払う存在。そこにアイテムとしての魅力はもちろん、理想の女性像を見ることができるのではないでしょうか。エルメス ¥49,800(+TAX) [SUNHOUSE JINNAN] TEL 03-3464-3801

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS