LETTER SET

House Industries

BOOKMARK

文字のプロが伝える、“書く”魅力

インターネットの普及と共に、世界との距離が急激に縮まりました。そして、ソーシャルネットワークを筆頭に、人との“つながり”を表す形も様々に。相手へ“伝える”行為にも変化が生まれ、これまで“書く”が中心でしたが、今では“打つ”が一般的となっています。そんなめまぐるしい流れの中で、文字の可能性を改めて我々に認識させてくれたのは、House Industriesなるデザイナー集団でした。1993年、アンディー・クルーズとリッチー・ロートによって設立され、文字を様々な切り口で表現しながらそれをモノへと落とし込むアプローチは、人々を惹きつけ文字の新たな可能性を演出しました。その活動が注目を集め、今では日本国内でも多くのメーカー、ブランドと様々にコラボレーションしています。二進法で記されたデスクトップ上に並ぶ簡素なものではなく、より自由を手にした文字がどれだけ楽しいかを提示してくれているのです。そんな文字のスペシャリストによるレターセットには、彼らのアイデンティティがうっすら漂います。先端に消しゴムが付いた丸型の鉛筆はどこか懐かしく、“French Paper”なるアイテム名よろしく、ハリのある封筒にはエレガントな雰囲気も。便箋はというと、プレーンな紙の一枚一枚に同社のエスプリがいきたタイポグラフィーをプリント。罫線を施していないのは、ありのまま、思いのままに綴る自由を尊重したいという思いのあらわれでしょう。このアイテムを通して、今まで忘れていた文字を綴る行為の尊さや素朴さ、温もりを再び思い出すかもしれません。レターセット¥3,000(+TAX) [伊勢丹新宿店] TEL 03-3352-1111

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS