CHAIR

emeco

BOOKMARK

使っていくほどに伝わる米国工業技術の粋

食材の産地に目を向け、洋服がどこで作られているかを気にする。今では、そんなアイテムの背景を知り、購入の決め手や指針にする方が増えています。そこに宿る名門の誇りや匠の技術に、私たちは安心感を抱き、そして心酔するのです。emecoのネイビーチェアもまた、長きにわたり誰もが信頼を寄せてきたアイテム。1944年創業の同社は、作業用工具などの製造で知られ、ドイツ系移民にルーツをもつ職人たちの高い金属加工技術が当時から高い評価を得ていました。そこに目を付けたアメリカ海軍は、耐久性と軽量性を備え、かつ錆に強く長時間日光を浴びても熱くならないチェアをオーダーします。それこそがこのアイテム。素材の性質などもあり複雑な工程を経て作られるこちらは、ヒップの収まりがよく程よい落ち着きをもたらします。その座面の形状は、発表当時のイメージ広告でモデルとなり、百万ドルの脚線美と称賛されたベティ・グレイブルのヒップラインをベースにしているとか。しかも、同社が採用するアルミニウムは、約80%がリサイクルでその過半数がアルミ缶。洗練された美しさと地球への優しさに、建築家のフランク・O・ゲーリーをはじめ数多くのデザイナーも魅了されました。実用性を重視する米軍を納得させ、稀代のデザイナーたちを唸らせた一脚。その背景を知れば知るほど、私たちはまた、このアイテムの虜となっていくのです。ネイビーチェア ¥83,000 [THE CONRAN SHOP] フリーダイヤル 0120-04-1660

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS