BOAT SHOES

SPERRY TOP-SIDER

BOOKMARK

アイビーリーガー御用達シューズの元祖

1950年代より、ブラウン、コロンビア、コーネル、ダートマスといったアメリカの有力大学に通っていた学生たちを中心に流行したアイビールック。彼らが、今後のアメリカを背負って立つ人材だったこともあり周囲から大きな注目を集めました。日本では、1970年代に隆盛を極め多くの人々が憧れと情熱を抱いたのです。そのアイコニックなアイテムといえば、紺ブレにボタンダウンシャツ。そして、足元はというとデッキシューズがお決まりでした。そのシューズの原点として知られるアイテムこそ、SPERRY TOP-SIDERのこちらなのです。ことの始まりは、セーラーであった創業者のポール・スペリー氏が濡れた甲板上で作業しても滑らないために考案した“スペリーソール”。同氏の愛犬が氷上を滑ることなく走り回っている姿を見て考案したとされるこちらは、靴裏に入れたギザギザの溝が何よりの特徴といえるでしょう。その溝に水が入り込み、歩く際にそれを押し出すことで滑りにくさを演出した画期的構造で、ファーストモデルは登場以降話題を呼びました。その実力は、アメリカ海軍兵学校にもオフィシャルシューズとして正式採用されるほど。中でもシーメイトは、アイビーリーガーたちから実用的なうえに容姿端麗と絶賛されました。登場から数十年経ちますが、今でも、凛々しく爽やかなその横顔は我々の心をつかんで離しません。¥6,500(+TAX) [SPERRY TOP-SIDER] TEL 03-3476-5438

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS