POT POURRI

Santa Maria Novella

BOOKMARK

800年もの歴史によって紡がれたナチュラルな香り

今でこそポプリは私たちの生活に深く根付いていますが、遥か昔は社会的ステータスを備えた者のみが嗜む心の安定を図る薬であり、個々のアイデンティティを表す手段でした。エリザベスⅠ世はラベンダーを中心に多彩な香りを好み、文豪シェークスピアもまた、宮廷の庭園内にハーブを栽培していたといいます。そんな時代の変遷を見守りながらポプリの魅力を伝え続けてきたのが、何を隠そうこのSanta Maria Novellaなのです。今なおイタリアのフィレンツェに現存し、“世界最古の薬局”としても知られるこちら。そのポプリは、フィレンツェの丘に咲き誇るハーブなどの植物、花や実、樹脂などを、伝統的なテラコッタの壺をモデルにしたポットへ入れ、独自に製法で30日以上熟成させて仕上げられます。その伝統的手法は今も変わらず受け継がれ、クローゼットに使えば服たちが香りを纏い、枕元へ置けば優しい眠りへと私たちを導いてくれることでしょう。Santa Maria Novellaのロゴを刺繍したシルク製の入れ物も上質感を大いに引き立てます。漂う香りに鼻孔をくすぐられる度、私たちはこの出会いにきっと感謝するに違いありません。シルクサシェ¥6,800(+TAX) [Sant Maria Novella Ginza] TEL 03-3572-2694

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS