LUNCH BOX

創作竹芸とみなが

BOOKMARK

人々の生活に根差した先人の知恵

私たちにとって、竹という素材は昔から非常に馴染みのあるものでした。それは、平安時代に編纂された「古今和歌集」からも分かります。“世にふれば 言の葉しげき 呉竹の うき節ごとに うぐいすぞ鳴く”と、竹という言葉に人生の長さを重ねながら社会の憂いを詠み、“木にあらず 草にもあらぬ 竹のよの 端に我が身は なりぬべらなり”と、竹の特徴を例に出し自らの現状に思い悩む様を詠んだものなど、実に多彩。日本国内でも、竹林を目にする機会も多いでしょう。中でも鹿児島は、豊かな気候と土壌により良質な竹が採れることで知られています。それもあり、昔から竹細工が非常に盛んでした。そんな環境の元、創作竹芸とみながは様々な竹細工を世に広め、人々の生活に根差したアイテム作りを続けてきたのです。例えばこちらのサンドイッチ箱。30年ほど前から製作され、今もなお引く手数多のロングセラーアイテムで、しなやかなうえに丈夫な竹の特性が存分にいかされています。しかも、抗菌性や消臭性に優れているため、食べ物の匂い移りの心配もいりません。それは、一昔前、おにぎりや生肉を包む際に笹の葉を用いた先人たちの知恵からも分かってもらえるかと。半永久的に活用できる唯一の天然資源とも言われる竹は、昔にも増して今後より多くの耳目を集めていくことでしょう。≪W17×H8.5×D12.5㎝≫ ¥9,100 [Playmountain] TEL 03-5775-6747

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS