HAT

KANGOL

BOOKMARK

今なお君臨するカリスマたちのアイコン

日よけや保温といった実用性はもちろんですが、何よりオシャレを演出する小物として、または“個”を具現化するものとして帽子は広く使われてきました。チャップリンが被ってきたボーラーハット、マイケル・ジャクソンが愛用していたツバの広いハットはその典型でしょう。中でも、多くのカリスマたちから信頼されたのがKANGOLのハットです。1938年に英国にて誕生した同ブランド。第二次世界大戦では大英国陸軍の被るベレー帽として、モンゴメリー将軍が愛用したことで有名になりました。やがてそれは多くのアーティストたちに波及。あのビートルズもKANGOLのアイテムを愛したと言います。そして、アメリカではRUN-DMCやLL COOL Jなど、ヒップホップの大物を中心にストリートシーンで広く受け入れられ、大きなムーブメントを引き起こしました。その旗頭を担ったのがベルハットです。緩やかにラウンドしたフォルムはヘッドを優しく包み込み、ふっくらとしたパイル地のボディは実にユニーク。そのフロント側にはさり気なくロゴを刺繍し、計算し尽されたブリムの長さも絶妙で上品さすら感じさせます。その威光は長い時を経た今でも陰ることはありません。そして、これからもファッション、音楽など、多彩なカルチャーのシンボルとして存在感を発揮していくことでしょう。¥8,208 [クリハラコーポレーション] TEL 03-3499-3047

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS