STOOL

RIKI STOOL

BOOKMARK

段ボールの偉大なる力を見る

視点を変えるだけで、道具は様々な表情を我々に見せてくれます。座るための道具であるスツールも、高所にある荷物の出し入れや電球を取り替える際には便利な台になり、モノを書いたり、コーヒーを置いたりするサイドテーブルのような役割も担当。その重要性は、RIKIスツールを見ればより実感するはずです。素材に使われているのは、収納、運搬時に活躍する段ボール。想像通り非常に軽く、持ち運びも簡単ですが、危惧されるのはやはり耐久性でしよう。ただ、発売当時のキャッチコピーは“4つのスツールで象の重さに耐えられる”、というもの。それほどに屈強さも備わっているのです。様々なカラーも用意され、各々異なる色を選び組み合わせることも可能。そして、驚くべき最大の要因は、こちらのオリジンが1965年に発表されているということ。ビートルズが来日し、お茶の間では「笑点」が放送を開始したその時代に、段ボールのポテンシャルを見抜き、カスタムメイドの匂いを漂わせているのです。そこに世界的デザイナー、渡辺力氏の偉大さが垣間見え、この名作が後世に語り継がれていくであろうことを確信できる要因と言えるのではないでしょうか。¥3,780 [METROCS TOKYO] TEL 03-5777-5866

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS