SCISSORS

EIGER TOOL

BOOKMARK

ハサミの可能性を示した究極な形

便利な道具の条件として、“多面性”があげられます。リバーシブルタイプのアウターは着こなしの幅を広げ、背もたれを倒してベッドにもなるソファーなら空間に自由をもたらしてくれるでしょう。だからこそ、ひとつのアイテムで様々な一面を垣間見せるアイテムに私たちは大きな可能性を感じ、魅了されてきたのです。EIGER TOOLのこちらもそのひとつ。ハサミは“モノを切るための道具”という固定概念を打破し、誕生したアクティエイトは、様々なシーンで活躍するオールマイティなツールとして存在感を発揮してきました。何よりも斬新なのは、セパレートして使用できる点。それひとつで、ナイフとしての役割はもちろん、缶切り、栓抜き、ドライバーなど、様々な横顔を私たちに見せてくれるのです。そして、大きさは持ち運びも簡単な、長さ13㎝のコンパクトサイズ。これまで、活用するシチュエーションが限られてきたハサミですが、アクティエイトの登場により日常からアウトドアまで、多彩なフィールドで活躍できるツールとして進化を遂げました。これぞ、今考えうるハサミの究極な形。そして、10年先、20年先も私たちに安心と充足感を提供してくれることでしょう。

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS