BRUSH

Turner and Harper

BOOKMARK

モノ作りの根本を提起する気鋭のブラシ

道具は私たちの生活をサポートし豊かにしますが、全てがそうとは限りません。大量生産、大量消費が恒常化している日本では、モノの価値が下落している傾向にあります。そんな中、日本の卓越したモノ作りを見直し、伝統工芸や昔ながらの手法に基づいて作られたアイテムに熱い視線が注がれています。その流れは、18世紀のイギリスでも起こっていました。産業革命により工業化が進み、街には様々な商品が大量に流通しましたが、中には粗悪品も散見されました。そこで、ウィリアム・モリス氏によって、手仕事に立ち返り生活と芸術の統合を図ったアーツ&クラフト運動が起こるのです。それから数百年が経ちますが、その原点をこのアイテムにも見ることができます。ブランドとしては2010年からスタートした気鋭ですが、モノ作りに関しては無類のこだわりを披露する本格派。素材は、オーナーのトム・ハーパー氏が認めた最高品質のものばかりです。こちらの使っていくほどに手へ馴染んでいく柄に使用しているウッドは、上質な無垢材のアメリカ産ウォールナット。穂体は柔らかなタッチと堅牢性を兼備した豚毛を使用し、イギリスが誇る伝統的製法によって仕上げています。このアイテムに見られる美しさ、使いやすさ、丈夫さは生活を豊かに、楽しくするに違いありません。そして、それこそがモノ作りの本質であることを未来に向けて私たちに教えてくれるのです。¥21,600 [アングローバル] TEL 03-5467-7864

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS