BOOK

『珈琲と私』
耕 八路

BOOKMARK

引き継ぐべき珈琲へのアツい想いが詰まった一冊

「どんな分野においても、哲学を持って、ストーリーを作ることって大事だと思うんです。形だけじゃなくて、どんな思いがあるかっていうことが、その作品に現れてくる。そういう意味で、福岡でコーヒー店(喫茶店ではない)をされていたという井野耕八郎(ペンネーム耕八路)さんのアツい想いは、僕たちが引き継ぐべき想いだと思います」

TAGS:
BACK TO CURATOR PAGE