HOUSEHOLD SCISSORS

TAjiKA

BOOKMARK

切れ味とその先にある+αを求めて

ボタニカルの存在は、住空間、しいてはそこに住む人間のメンタルにおいても重要な役割を担います。都市部に住む人間であれば、その存在の大きさは普段の生活から身をもって経験しているはず。多くの人気セレクトショップが多彩なボタニカルを扱うようになってきたことからも、その関心の高さはうかがえるでしょう。ベランダや屋上を利用しガーデニングに勤しむ女性も、今では決して珍しくはないのです。そんなボタニカルの枝や葉を切る際、私たちは長らく職人たちを中心に愛されてきたTAjiKAの鋏を使用してきました。長年、兵庫県小野市にて4代にわたりアイテムを提供してきた多鹿治夫鋏製作所。そちらで作られるアイテムは、使用していない時でも存在感があり、使っていくほどに風合いを強める逸品。中でもこちらのIRONシリーズは、アンティークのような美しさと圧倒的な切れ味で私たちを魅了してきました。製作工程の中に加えた“手研ぎ”のひと手間により、植物はもちろん糸も切れるよう最高の切れ味を実現。昔ながらの型を用いた古き良きその趣も光ります。そんな日本のモノ作りの原点と同社の実力が感じられる一丁は、これからも私たちのグリーンライフを支え続けてくれることでしょう。¥7,020 [くらすこと] TEL 03-5344-9715 www.kurasukoto.com/store

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS