PERFUME

CHANEL

BOOKMARK

ガブリエル シャネルが初めて手掛けた“自由”への香り

自分を高めるためにも、まわりの男性陣を振り向かせるうえでも、香りはとっておきのツールであることをレディの皆さんはよくご存知のはず。そして、甘美なひとときや切ない瞬間をその香りに宿しながら、やがてはそれが特別な存在となっていくのです。とりわけ、ガブリエル シャネルが初めて世に送り出したこちらのN°5は、様々な想いや時間を濃厚に刻んできたことでしょう。こちらは、1920年代を象徴する自由な精神を備えた女性たちへ向けた芳香。ジャスミン、ローズなどを中心としたフローラルな香りは、女性を輝かせ、周囲の視線を一身に集めてきました。そして、数多くのセレブリティを虜にしてきたのです。かのマリリン・モンローもそのひとり。インタビューの際、「夜は何を着て寝るのか」の問いに「CHANELのN°5を数滴」と答えたのは有名なエピソードです。フレグランスの新たな扉を開いたこの究極のラグジュアリーアイテムは、これから先も女性たちに“真実の美”をもたらしてくれることでしょう。7.5ml ¥15,120 [シャネル カスタマー・ケア・センター] TEL 0120-525-519

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS