HYAKUNIN ISSHU

大石天狗堂

BOOKMARK

日本ならではの遊びと情緒に満ち溢れた歌がるた

時代を遡ること千数百年前、日本では和歌や俳句を詠むことがひとつのステータスでした。それを駆使し、相手へ想いを伝え、その時々の情景を文字に宿していったのです。百人一首は、とりわけ素晴らしい歌ばかりを集めたまさに音楽で言うところのベストアルバム。そんな数ある秀歌撰の中でも、歌の名人と言われる藤原定家が選んだ小倉百人一首は、国内全域に流通されている百人一首かるたの基礎となったもの。特に、創業200年以上を数える大石天狗堂のそれは、しっかりとした作りと色鮮やかなプリントが目を引き、今や競技用として名人戦やクィーン戦でも使用されています。中でもこの御所車は、江戸時代より伝わる手法を用い、かるた職人が一枚一枚丁寧に作り上げたアイテム。銀砂子をふった越前紺色和紙仕様の裏紙が何とも上品な印象で、贈り物用としても申し分ありません。百人一首かるたが文部省指導要領の教材にも加わった今、その注目度は以前にも増してさらに高まっているのです。¥5,400 [大石天狗堂] TEL 075-603-8688

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS