ERASER

MONO

BOOKMARK

脇役から主役へ躍り出た消しゴムのスタンダード

消しゴム、と聞くだけでおそらく誰もがこのメーカーを想像することでしょう。青、白、黒の3ストライプと“MONO”のロゴをまとい、1969年に登場したこちらは、発売以降様々なシーンで活用され、よく消える消しゴムとして親しまれてきました。その足跡の偉大さは、2011年のグッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞でより明確になったといえるでしょう。そんな名品も、元を辿ればトンボ鉛筆の創業55周年を記念して作られた高級鉛筆のノベルティとして発表されたもの。その消字能力の高さが話題となり、製品化へといたりました。そして今では、豊富なバリエーションを誇ります。こちらのスクエア型のMONO smartは、ノットの1行消しに最適な薄さをそなえつつ、しなりづらいため広範囲の字消しも可能。新たな消しゴムの形を示したホルダー式のMONO oneは、滑り止めのグリップや衝撃吸収クッションなど、細部にいたる配慮が嬉しいアイテムです。右¥108、左¥162 [DELFONICS 表参道ヒルズ] TEL 03-5410-0590

TAGS:
 daily STANDARD一覧に戻る

pickup JOURNALS