BOOKMARK

戦争を題材とした知られざる名作

「『AKIRA』で世界的な名声を獲得した大友克洋のプレAKIRA時代の傑作。ドメスティックな気分を漂わせながら、それを相対化して描くというストーリー・テリングは原作者の矢作俊彦の持ち味でもあります。当時は漫画アクションに連載されていました。タイトルは雑誌『POPEYE』の1980年代を代表する名コピー、「気分はもうXXX」のパロディ」

TAGS: