32 NORITAKA TATEHANA

舘鼻則孝さんの記憶をかたどるアートなポスター

写真:竹内一将 文:林理永
BOOKMARK
舘鼻則孝さんの記憶をかたどるアートなポスター
5枚のアートポスターを選んでくださったのは「アーティストは表現者でありながらコレクターでもある」という、シューズデザイナーの舘鼻則孝さん。「このアートポスターは、旅の中での出会いを記憶するためにコレクションしたもの。それぞれ見つけた国も違えば一緒に居た人やシチュエーションも違う。それぞれに纏わる記憶が、生きる上でのステップになっていると感じています」。その中でも特に記憶に残る5枚のポスターをご紹介いただきました。

about him

Contemporary Artist
舘鼻則孝

1985年、東京生まれ。歌舞伎町で銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。シュタイナー教育に基づく人形作家である母親の影響で幼い頃から手でものをつくることを覚え、15歳の時より洋服や靴の制作を独学で始める。東京藝術大学では絵画や彫刻を学び後年は染織を専攻し、花魁に関する研究とともに日本の古典的な染色技法である友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。2010年自身のファッションブランド「NORITAKA TATEHANA」を設立。全ての工程が手仕事により完成される靴はファッションの世界にとどまらずアートの世界でも注目されている。レディー・ガガやダフネ・ギネスに作品が愛用されているということでも知られている。


FOLLOW US

pickup JOURNALS