日常に彩りをあたえるストアガイド

Coffee Tram

写真:TRVS 文:編集部
BOOKMARK
Coffee Tram

温もりが伝わる深煎りネルドリップコーヒー

恵比寿駅からほど近い雑居ビルの2階に「Coffee Tram」はあります。自家焙煎の深煎り珈琲豆をネルで抽出した一杯は、苦みと甘みのバランスのとれた奥行きのある味わいが特徴的。店長の古屋達也さんは、珈琲の名店として知られていた「大坊珈琲店」で働いていた経歴の持ち主。若い頃から珈琲が大好きで大学卒業後、アルバイト生活を送りながら自宅で手網焙煎の方法を試行錯誤していた。「焙煎が全然うまくいかなかったので、美味しいと言われている珈琲屋を飲み歩いていて知ったんです」と大坊珈琲店との出会い話してくれた。

「馴れ合うことよりも、カウンター越しの距離感を確かに保ちたい」と、お客様との距離を大事にしながらお店の空気を保つことを考えている古屋さん。メニューはいたってシンプルで、数種類の珈琲と自家製ケーキだけ。そのストイックな姿勢はアンティーク家具が並べられた落ち着いた空間づくりにも現れています。「1滴1滴のお湯がどういうふうに沁みこんでいくか。泡のたちかた、つながりかた、膨らみかたなど、豆の感じを見つつ、次はどこにお湯を垂らせばいいのかと考えています」と話す古屋さんからは珈琲への熱い想いが伝わってきます。

「手廻しロースターで焙煎し、ネルドリップで濃く淹れた珈琲が、自分にとってのスタンダードです」という古屋さん。ご自身が大切にしている手仕事の良きパートナーとなる道具をご紹介して頂きました。

his STANDARD ITEMS
  • 注ぎ口をつぶしたYUKIWAのポット

    コーヒーにお湯を注ぐ専用ポットは、少し厚手のステンレス製で注ぎ口をつぶし、抽出するタチタチという点滴からツーっという線にしやすいように工夫しています。

  • ネルドリップ

    厚手のネル生地を使った手作りのネルドリップ。市販のモノはネル生地が薄いので、自分好みの厚手のネル生地にワイヤーを使用した自家製のアイテム。

  • 焙煎機

    UNIONの手動式サンプルロースター。「珈琲豆との距離を近くするため、毎日、自分の手で回して焼いています」

  • 珈琲豆(100g・700円)

    丁寧に焙煎された珈琲トラムの豆を自宅でも楽しみたい。

Coffee Tram/珈琲トラム
東京都渋谷区恵比寿西1-7-13−2F
03-5489-5514
10:00am – 19:00pm (18:30pm ラストオーダー)
19:00pm – BAR TIME
月曜定休 (祝日の場合は営業、翌火曜休み)
Coffee Tram


FOLLOW US

pickup JOURNALS