Reebok FLOATRIDE FOAM

Reebokが宇宙用ブーツに採用される「フロートライドフォーム」搭載の2018年春夏ランニングモデルを発売!

Akihiro Takeji
BOOKMARK
Reebokが宇宙用ブーツに採用される「フロートライドフォーム」搭載の2018年春夏ランニングモデルを発売!

ファッション性とテクノロジー性を見事に融合した逸足

軽量ながら、クッション性、反発性を両立させた、リーボック独自開発のクッショニング素材「Floatride Foam(フロートライドフォーム)」を採用したランニングシューズが、リーボックより登場した。

リーボックが独自に開発したフォーム材「フロートライドフォーム」は、極めて軽量なスペースブーツ「The Reebok FLOATRIDE SPACE BOOT SB-01」を開発する過程で、さまざまな障害に対しての解決策を追求していく中で誕生。そのフォーム材をランニングシューズに応用し、2017年に誕生したのが、長距離専用シューズ「FLOATRIDE(フロートライド)」である。「フロートライド」は、軽量ながらもクッション性と反発性の両立を実現。多くのランナーから支持を集め、世界的に権威あるランニング雑誌「Runner’s World Magazine」において「2017 BestDebut賞」も獲得した。

2018年春夏シーズンでは、フロートライドフォームによるクッション性に、リーボックが誇るレトロランニングシューズ「GL 6000」のデザインを踏襲した「FLOATRIDE 6000(フロートライド 6000)」モデルが、すでに先行リリース。

さらに4月6日(金)より「FLOATRIDE(フロートライド)」の新作メンズ、ウィメンズ各2カラー展開で発売する。また、フロートライドフォームによる長距離用シューズとしての機能はそのままに、価格を抑えた「FLOATRIDE RS ULTK(フロートライド RS ウルトラニット)」も同時発売する。

Reebok FLOATRIDE FOAM
FLOATRIDE(フロートライド)
フロートライドフォームを搭載した長距離向け本格ランニングシューズ。アッパーをシームレスな構造にすることでフィット感が高まり、柔らかい履き心地を実現。中足部のパネルが靴紐と連動することで、自由にフィッティングを調整することが可能。19,000円(税抜)


Reebok FLOATRIDE FOAM
FLOATRIDE RS ULTK(フロートライド RS ウルトラニット)
「フロートライド」よりも価格帯を抑えたモデル。より自然な足の動きに対応できるように、サイドのサポートリムを排除し、踵にはヒールカウンターを内蔵することで足をサポート。ランニングにも、カジュアルファッションにも対応したデザイン性も魅力。16,000円(税抜)


Reebok FLOATRIDE FOAM
FLOATRIDE 6000(フロートライド 6000)
レトロランニングモデルとして人気がある「GL 6000」のデザインを踏襲したカジュアルシューズ。ソールにフロートライドフォームを使用し、パフォーマンスシューズのテクノロジーを併せ持つカジュアルスニーカーとして登場。リーボック直営店限定モデル。16,000円(税抜)※CN1758のみ 14,000円(税抜)

【問い合わせ】
リーボック アディダスグループお客様窓口
0570-033-033(電話受付 平日 9:30〜18:00)
http://reebok.jp/


FOLLOW US

pickup JOURNALS