MY STANDARD OUTDOOR STYLE

GOLDWINと寄り添う3人のアクティビティ

写真:竹内一将 編集:野村遊歩 カバーデザイン:菅谷幸生
BOOKMARK
GOLDWIN

50年近くもの間スキーウエアを軸にシーンを支えてきたGOLDWIN。今季ブランドが得意とするアクティビティにも精通しながら、ライフスタイルへもアプローチした新たなコレクションを始動。その商品企画やデザイン部門で新たに参画することとなったMARKAWAREのデザイナーである石川俊介氏、さらにGOLDWINを取り扱う人気セレクトショップでバイイングを務める二人のアウトドア愛好家に、各人のスタイルにあったアウトドアギアのコレクションを紹介してもらった。

GOLDWIN

食を楽しむオートキャンプライフ

Q 普段アウトドアをする際に大切にしていることはありますか?
A 「僕にとってはオートキャンプなのですが、ポイントとしては三つあります。一つ目は気楽に行けること。思いついたときにすぐ行けて、準備や撤収に時間がかからずにすむこと。二つ目は火を楽しめること。焚き火や薪ストーブなど都心ではできない炎の楽しみは格別です。最後はリラックスした環境の中で仕事の構想を練ったり、考え事をしていたので、そうした時間に没頭できることですね」

Q オートキャンプを始めたきっかけはなんだったのですか?
A 「小学生の頃に父親にキャンプに連れて行ってもらったのが最初のきっかけ。近くにあった好日山荘に、小遣いを貯めてギアを買いに行き、親に連れて行ってもらっていました」

Q 現在オートキャンプはどれくらいの頻度で行っていますか?
A 「ヴァナゴンのキャンピングカーや群馬の別荘庭でのテント泊をあわせると月2~3回くらいですかね。ただ、厳冬期と展示会準備期は全く行けないです」

Q オートキャンプの魅力はなんでしょうか?
A 「移動の段階から感じられる開放感。東京での暮らしには常にアウェイ感を感じているので、関越道や中央道、東北道などの高速道路に乗った瞬間から開放された気分になります。そして屋外で火をおこし、食事を作って、タバコを一本吸うことで最もリラックスした状態になれるのが素晴らしい」

Q 最後に今回のGODWINの新作ウエアは、ご自身のアウトドアライフにとってどんな存在になっていきそうですか?
A 「雪山から都市までシームレスなウエア。高い技術力で作られたウエアなので、実際にフィールドで役に立つ機能がしっかりあって、都市で着ても様になる洋服だと思っています。特に今は春から梅雨時期にかけて、屋外で快適に過ごせるようなウエアが気分ですね」

GOLDWIN
右)GOLDWINのマウンテンジャケット。GORE-TEXを使用した3レイヤー仕様。中)GOLDWINのユーティリティシャツ。吸湿性に優れた快適な着心地のシャンブレー素材。第1ボタンを開けた時の首元をキレイに見せるために、“隠し第2ボタン”も配置。左)GOLDWINのチノトラウザー。コットンライクな風合いながら優れた速乾性とストレッチ性を兼備。左脇ポケットの中にはジッパー付きのシークレットポケットを装備。

GOLDWIN
右)GRANSFORS BRUKUS HANTER 418の斧。最近購入したばかりで、焚き付け用の小割りを作ったり、立ち枯れの木を伐採するのに活用しています。ナイフ代わりにもなり、なにかと便利。中)ANKER PowerHouseのバッテリー。スマホであれば40回充電できる代物。スマホ以外にもPCやデジカメ、冷蔵庫、照明機器など電池残量の心配をせずに過ごせます。これがあればアウトドアでも仕事ができまるので重宝しています。左)PRIMUS ONJAの2バーナーストーブ。国内モデルはデザインが好きではないので、デザイン性の高い海外モデルを求めてフィンランドのヘルシンキからスーツケースに入れて持って帰ってきました。焚き火の補助的な役割や火がおこせない場所で愛用しています。

GOLDWIN
上)HOTTON BULLDOG BRAND BILLY SETのコッヘルセット。英国製で90年代に倒産してしまったため現行品は模倣品しかない貴重なブランド。焚き火料理では必須。米炊き、煮物、焼き物などでオールマイティーに使えて、食器代わりにもなる万能品。下)Turk CLASSIC FRYINGPANのフライパン。これはキャンプでは定番のアイテム。鍛造素材のため様々な熱源で使えて、アウトドアでも大活躍します。サイズ違いで何種類か所持。

GOLDWIN
右上)STANLEYの真空管ボトル。断熱構造のため保温や保冷力はもちろん耐久性も抜群。中)snow peakのマグカップ。ブランドでは定番となるシングルウォールタイプ。軽量なチタン製。下)PATAGONIA PROVISIONS × TOGO WAREのカトラリーセット。竹製の箸やフォーク、スプーン、ナイフがひとつのセットに。カラビナ付きの収納ケースが付属され、持ち運びも便利で環境にも優しい。

Designer
石川俊介

MARKAWARE デザイナー。

>> 次ページ 冬のアクティビティを体感できる厳選ギア

1 2 3

FOLLOW US

pickup JOURNALS