East Japan Project MITSUBOSHI

伝統×電報!隈 研吾氏がコーディネートした 「East Japan Project」

Text by OPENERS
BOOKMARK
伝統×電報!隈 研吾氏がコーディネートした 「East Japan Project」

贈られた人に深く響く特別なギフト

伝統工芸と電報を組み合わせた、これまでにない日本のおもてなしを贈る電報サービス「みつぼし」が 株式会社ヒューモニーからオープンした。贈り手のセンスと想いを伝えるとともに、贈られた人に深く響く特別なギフトを提案している。

商品のラインナップは、日本の素晴らしい手仕事文化の結晶である伝統工芸品をメインとしている。
今回は、建築家の隈研吾氏がコーディネーターとなり東日本の伝統工芸職人と様々な国のデザイナーがコラボレーションした “新しい日用品” を 提案するプロジェクト「Ejp(East Japan Project)」製品が新登場。

東日本の伝統工芸職人と日用品を作りながら被災地の復興支援活動を続ける活動に賛同し、販売することとなった。現在「みつぼし」が 取り扱う伝統工芸品は日本が誇る7ブランド 31商品。取り扱いブランドは「Ejp(East Japan Project )」をはじめ、今後も随時追加していく。

Ejp(East Japan Project)プロダクツとは
「新しい生活」のためのプロダクツ。たとえば、フレキシビリティが高く、一つのシステムをベースに、用途にあわせてさまざまな使い方が可能なプロダクツだ。それは、古くから磨きあげられてきた伝統的な技術や素材を応用し、なるべく自然のままで人工のエネルギーや資源を消費しないような性質のもの。

日本という「場所」に最適化した使いやすさとデザイン性をもち、これまでの生活とは違う、「新しい生活」を送ることを可能にする。

「みつぼし」とは
○ 伝統工芸品と電報を組み合わせた日本の文化を感じる贈答サービス
○ インターネットから手軽に電報手配が可能
○ 海外でも人気の工芸品を7ブランドラインナップ
○ 1500年の伝統がある越前和紙を電報の台紙に

【お問い合わせ】
株式会社ヒューモニー
http://www.mitsuboshi-denpo.jp


FOLLOW US

pickup JOURNALS